ホーム > 企業情報 > 沿革

沿革

会社概要

1950~70年代(昭和25年~)
1953(昭和28年) 食養(新生)会という名称で、大阪堺市にて食事方法の普及活動を開始
1968年(昭和44年)大阪天王寺区に資本金100万で、ムソー株式会社設立
自然食品、伝統食品の販売開始
1974年(昭和49年)本社を大阪東区(のち中央区)に移転
日本の伝統食品、自然食品を欧米、欧州に輸出開始
1976年(昭和51年)ムソー株式会社貿易部設立
北米を中心に日本食の輸出業務拡大
1980年代(昭和55年~)
1982年(昭和57年)豆乳輸出開始(日本第一次豆乳ブーム)
1984年(昭和59年)米国で豆乳ブーム起り、豆乳の輸出急増
1985年(昭和60年)米国豆乳合弁工場建設
「プラザ合意により急激な円高」
1986年(昭和61年)ムソー株式会社貿易部門から独立
資本金600万円で株式会社むそう商事設立
1988年(昭和63年)米国より認定オーガニック商品と原料の輸入開始
1989年(平成1年)むそう商事の資本金を1000万円に増資
オーガニック認定商品立ち上げスタート
1990年代(平成2年~)
1990年(平成2年)日本初の認定オーガニックコーヒー発売
輸出売上拡大の為、欧州で日本食材の料理ツアー開催
1992年(平成4年)岡田雄公が米国で20年以上に渡り、日本の自然食、伝統食品を 広めてきた功績が認められ、米国で「ハートイン・ビジネス賞」を受賞
1993年(平成5年)中国でオーガニック大豆を主に、オーガニック原料の契約農園開拓と認定の指導開始
1995年(平成7年)契約農場が中国で最初の有機認証取得
1996年(平成8年)中国、北米のオーガニック大豆輸入が急伸
米国の豆乳工場を2倍に拡張のため増資
1998年(平成10年)大阪市北区の新社屋へ移転し、資本金2000万に増資
大連に中国との合弁で選別プラント建設
1999年(平成11年)欧州のオーガニック認定機関ECOCRTの認定取得
2000年~(平成12年~)
2000年(平成12年)日本で有機JAS法施行
2002年(平成14年)中国の合弁選別プラントに低温倉庫を建設
2004年(平成16年)有機JAS小分業者認定を取得
2006年(平成18年)むそう商事設立20周年の行事開催
2007年(平成19年)米国カリフォルニア州サンディエゴにJAPAN GOLD USA支店設立
2008年(平成20年)日本の伝統、自然食品を世界各国に輸出し40年目を迎える
岡田雄公から岡田征剛に社長交代
スーパーマーケットトレードショー初出展
2009年(平成21年)創業40周年を機に「世界のMUSOへ」オーガニックビジネスの40年の発刊とDVD作成
オーストラリアで豆乳(ボンソイ)販売が急伸
2010年(平成22年)食品安全マニュアル構築のためISO22000取得
ドイツBIOFACH展示会初出展
米国Natural Products Expo Westの展示会初出展
2011年(平成23年)海外の各展示会出展継続し新たなマーケット構築
ナチュラル&オーガニック専門ネット通販事業を開始
2012年(平成24年)オーガニックのアルコール製品、冷凍製品の取り扱い開始
酒類小売業免許取得
2013年(平成25年)

ドイツBIOFACH 展示会でJETRO(日本貿易振興機構)主催によるジャパンパビリオンで初出展

4月1日、日本の有機JASと欧州EU加盟国の有機認証制度における同等性開始

2014年(平成26年) 1月1日、日本の有機JASと米国NOPの有機認証制度における同等性開始

ページの先頭へ戻る